2012年 05月 27日
「MIB3」を IMAX 3D で観てきました。
d0221584_1414047.jpg前作から約10年も経っていたんですねぇ。
バラエティ豊かなエイリアンがたくさん登場して、エージェントK(トミーリー・ジョーンズ)とJ(ウィル・スミス)のやり取りが面白くて楽しい映画ですが、今回のこの「MEN IN BLACK 3」も前シリーズと変わらず楽しい作品でした。

それにしても、若かりし頃のKを演じたジョジュ・ブローリンは、違和感無くまさに若かりし頃のKでした。
そして、現代のKはやはりさすがに年を取ったなって感じで、現役エージェントであるのはちょっと無理があるような感じでしたが、逆にJを演じるウィル・スミスは変わらないのが凄いですね。

ストーリーのほうは、つたない英語力のお陰でまたまた良く理解出来ない部分続出で、特にJは良く喋りますし、今回キーパーソンになるグリフも意味深な事をたくさんしゃべっているので、なかなか理解が難しかったです。
しかも、タイムトラベルをするので、事実関係を繋げるのがややこしいし、細かいところで矛盾も発生していたと思います。

とは言え、全体的には前シリーズ同様楽しかった事は間違いありませんし、IMAX 3D でしたから映像の迫力も凄かったですよ。

オモチャの方は案の定、映画に出てくる銃などまるで似ていないし、あのぬいぐるみも発売されていたフランクは、写真でしか登場しなかったのがすごーく残念でした。(フランクのぬいぐるみはこちらのブログ参照。)



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-05-27 14:19 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15928037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サンディエゴの LEGOLAN... 初夏は水漏れの季節? >>