2012年 05月 21日
「BATTLESHIP」 映画とオモチャ
d0221584_5562512.jpgアメリカでは5月の第3土曜日は「Armed Forces Day(軍事パレードの日)」なんだそうですが、日本よりも随分と遅れてこの18日(金)に公開された「BATTLESHIP」は、それに合わせたのかな? と勝手に憶測を巡らせながら、5月の第3土曜日に観てきました。
(当初は Memorial Day weekend 公開とも言われていたようですから、ちょっと早まっただけみたいですけど。)

先に日本で公開されてその評判、酷評などを色々と耳にしていたので、自分なりにハードルを下げて観たせいか、思った程悪くはなく、むしろそこそこ面白かったと思いました。

主役の テイラー・キッチュ は「ジョン・カーター」で主役、彼の上官で恋人の父を演じたリーアム・ニーソンは「タイタンの逆襲」のゼウス役、自衛艦の指揮官役の浅野忠信は「マイティ・ソー」のホーガン役、とここ最近観た映画で見覚えのある顔が多くて、それもちょっと楽しい感じでした。
特に「マイティ・ソー」の時にはセリフも少なかった浅野忠信が、今回は出番もセリフも多いどころか、元となったゲームの要素を取り入れたシーンでは、彼がアイディアを提案するという結構重要な役回りにビックリ。

とは言え、やり過ぎなくらいよく動くCGの敵メカに「そこまで動かさなくても」と苦笑し、ゲームの要素を取り入れるために様々なシチュエーションを作り上げているのが、ちょっと涙ぐましくも感じられ、香港の街並みが破壊され(10ヶ月と短かったとは言え、住んでいただけにもの凄く身近に感じ返ってリアルでした)、戦艦も戦闘機も戦闘ヘリもどんどん破壊されていく様は、よくやるな〜と感心至極。
水もバシャバシャかかって、夏向きな映画でした。


d0221584_5572246.jpgそして、旦那さんは映画公開数週間前にオモチャを購入済み。
音声も出るお高いバージョンもあるそうですが、彼のはこちらのお手軽版($19.99=約1,600円)。

d0221584_5575147.jpg
対戦ゲームなので二つに分かれます。それぞれ開くとピンを差す穴がいっぱい。
ああ、懐かしい。昔のオモチャ、女ながらに私も子供の頃に持ってました。それと基本的な所は変わりません。
d0221584_5582313.jpgd0221584_5584732.jpg
でも、随分とオシャレになっているし、何より戦艦がちゃんと映画に登場する物になっているんですね。と言っても、劇中の映像ではその全体像がよくわからなかったので、これが本当に敵戦艦?って印象です。(写真左)
劇中ではバリアの外だった空母もありました。(写真右)

で、映画を観たからゲームをしたくなったか、と言うと決してそんなことはなく、戦艦たちはランナーから外されること無く、しまわれてしまったのでした。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-05-21 06:08 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15895616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 金環日食を L.A. で体験!? ロサンゼルス動物園にリベンジ! >>