2012年 03月 21日
富士急ハイランドで久しぶりのジェットコースター。
日本に帰っていたのもつかの間、と言っても1ヶ月以上滞在していたんですけどf(^_^;。昨日、L.A.に戻ってきました。
日本はもの凄く寒かったのですが、さぞやL.A.は暖かいだろうと思いロサンゼルス国際空港に降り立つと、陽射しは強いのに意外にも風や空気が冷たくて、薄手の上着に着替えてしまった私は「寒い!」と思った程でした。
でも、街の木々はすでに新緑色。とっても爽やかです。

さて、日本滞在中の最後の一週間は、軒並み人と会う機会が多くなり、忙しさにかまけてついついブログも滞ってしまいました。
なので、自分の記憶の整理のためにも、ちょっと日本を振り返ったブログをアップします。


この日は3月11日(日)。あの大震災から1年が経った日。旦那さんとのスケジュールの兼ね合いもあってこの日しか都合がつかず、ちょっと気が引けたのですが、富士急ハイランドへ行って来ました。

d0221584_1371932.jpg便利なもので、フリーパス付きの日帰りバスツアー(7,200円でした)があるんですね。しかもネットで予約できちゃいました。
上野駅前を朝6時40分に出発。バスの中で持参したサンドイッチで朝食。その後はすっかり眠ってしまい、気がついたらもう山梨。高速道路の周りに雪が残っていて、都心とは別世界。8時40分に到着し、バスから降りると雪に冷やされた空気が冷たいこと。9時の開園を待つため、入口から出来た行列に並びました。
結構いろんな所から観光バスも自家用車も来ていて、想像以上の人出に驚きました。(←実は結構侮ってました。)

バスの中でチケットを受け取っていたので、チケット売場の行列には並ぶことなく園内に。最新アトラクションの「高飛車」には、早くも人が詰めかけていましたが、まだまだ大丈夫だろうと高を括って他のアトラクションへ行ってみると、「FUJIYAMA」がレーン凍結のため休止に! 仕方ないので、凍結とは無縁の「EVANGELION: WORLD」へ。

d0221584_138672.jpgd0221584_1383266.jpg
人が少ないせいか、がらーんとした感じでちょっと物足りなさを感じつつ、等身大のEVAの前へ。数分おきに目が光ったりするギミックがありました。
出口にはもちろん、お土産屋さん。でも、今ここで買ってしまうと荷物になるので、お買い物は後回しに。


次に向かったのは「ええじゃないか」(写真左)。ところがこれもやっぱり、レーンの凍結などの理由でまだ稼働せず。
d0221584_1394860.jpgd0221584_13102788.jpg
動いているのを確認できた「高飛車」(写真右)へ行くと、既に長蛇の列。1時間半待ちになってて、がっかり。それでも折角ですから、並びます。
手持ちのお菓子を食べながら辛抱強く待ちましたが、周りにはまだまだ雪が残っているので、なかなか寒かったです。

それにしても、ジェットコースターなんて、何年ぶりかな〜。ワクワクと思っていると、いよいよ搭乗! 
垂直にゆっくり上がり、てっぺんで一旦停止。前のめりになって、真っ逆さま。と言うよりも、さらにえぐり込む感じで落ちるので、肩から押さえつけている安全バーが無かったら落ちてしまいそう。その後もぐるぐると回転して、久しぶりのジェットコースターとしては少しハードルが高かった。。。あー、ビックリした。

d0221584_13111879.jpg園内のステージでは「絶叫戦隊ハイランダー」が、お客さんと一緒に写真を撮るサービスをしてました。
それにしても、ゆる〜いヒーローですね〜(^ε^)。


d0221584_13115371.jpg次に行ったのは「GUNDAM CRISIS」。等身大のガンダムが横たわっているということなので、割と楽しみにして入りましたが、このアトラクション、すでに結構な年月が経っているようで壁紙が破れていたり、落書きがあったり、かなり悲しい状況。
さらに、タイムリミットのあるミッションをこなさないといけないので、実はのんびりガンダムを眺めている暇がない! 始めからミッションを放棄すれば良いのかも知れないけど、やっぱり折角だからミッションをこなしたいと思っちゃうし、ミッションをクリア出来た人のみ、コクピットに入れるっていうんだから、多少なりとも期待しちゃって、必至こいてミッションに挑むも無残な結果で終了。ガンダムも足の裏くらいしか観られなかったし。。。もうちょっとゆったり楽しめるほうがいいのにな〜って感じでした。


ランチには、「FUJIYAMA」の前の売店で焼きそばや肉巻おにぎりなどを食べましたが、それはそれで美味しかったけど、FOOD STADIUMでは、ご当地のB級グルメ「富士宮焼きそば」とか「静岡おでん」とか「フジヤマラーメン」とか、楽しげなランチがたくさんあったのを、すでにお腹がいっぱいになってから気がついて、どれも食べられなかったのが、ちょっと心残りでした。

この頃になるとお日様も高くなり陽射しは暖かくなったので、休止していた「FUJIYAMA」も再開。やっぱり長蛇の列に並んで1時間半待ち。しかも、今度は上空の風が強くなったとかで、地上から70mもあるFUJIYAMAの安全確保が難しいと、度々止まるハメに。なかなか搭乗できなくて、すっかり待ちくたびれてしまいました。

そんな時に迎えた、2時46分。場内アナウンスの呼びかけで1分間の黙祷を捧げました。

そして、なんとか「FUJIYAMA」に搭乗! これ、待った甲斐あり! っつーか、どうして肩から押さえつける安全バーが無いの!? 急降下する勢いで身体が車体から飛ばされそうな感じになって、新アトラクションの「高飛車」よりも恐怖! 叫び声すら上げられず、奥歯を食いしばって早く終わるのをタダひたすら願って乗ってました。あー、怖かった。

d0221584_13123419.jpgd0221584_13125181.jpg
そんな恐怖を払拭してくれるのは、おいしい食べ物たち♪(←やはり食いしん坊)。富士山をモチーフにしてるらしい肉まんとか、トーマスランドのミニカステラとか。可愛くて美味しいものがあっちこっちにありました。

で、最後は「ドドンパ」へ。閉園時間が迫っている=バスの集合時間が迫っている中、ギリギリまで粘って何とか搭乗。
これまた粘った甲斐あり! もの凄いスピードで発車するので、視界の中心から左右の風景は漫画の集中線みたいに流れちゃって、まさに発射されている感じ。ガンダム風に言うなら、
「カタパルト発進」「ガンダム、行きま〜す!」
ってとこです。
いやー、良い経験しちゃいました。

そして、残念ながら強風の影響もあってか、稼働したり止まったりを繰り返していた「ええじゃないか」には、結局乗ることができませんでした。orz。

教訓。富士急ハイランドは冬よりも、レーンの凍結がない夏がいいんじゃない? と思いつつ、バスに飛び乗り東京への帰路につきました。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-03-21 13:44 | 観光 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15605292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 江戸東京博物館で、太陽の塔の顔... 「シャーロック・ホームズ シャ... >>