2012年 02月 22日
日本橋の麒麟 と 甘酒横丁の鯛焼き
d0221584_2243253.jpg今日は日本橋界隈を歩いて観光してきました。
日本で放映された人気ドラマ「新参者」と、今公開中の映画「麒麟の翼」の舞台となっている場所なので、ロケ地巡り、です。
先月、ツアーに参加してすでにロケ地巡りをしていた妹の案内で、いろいろ見ることができました。

d0221584_22435533.jpgd0221584_22433626.jpg
スタートはもちろん、日本橋。
この欄干にいる麒麟像。なかなか凛々しく、背中の羽根はコウモリのよう。柱を挟んで2体あり、あ、うんのように片方は口を閉じ片方は口を開いています。その柱にも凝った彫刻が施されていて、日本橋って優雅だな〜と感じました。

地下鉄の地下道には、こんな展示もありました。
熈代勝覧(きだいしょうらん)」。
d0221584_2244354.jpg
江戸時代の日本橋の様子を描いたちょー長い絵巻。
d0221584_224577.jpg拡大されているようですが、それにしても描写の細かさに感嘆。
当時の様子が事細かに描かれていて、時代小説や時代劇で言葉だけは知っている木戸や、自身番もあって、とても勉強にもなりました。

次に向かったのは笠間稲荷神社。日本橋七福神のひとつです。とてもこじんまりとした神社で、とても静かでした。
お参りを済ませると次に向かったのは、甘酒横丁
和風小物のお店や、お豆腐屋さん、焼き鳥屋さん、お煎餅やさん、もちろん甘酒を売るお店などが軒を連ねています。
そんな中、行列の出来る鯛焼き屋「柳屋」に並びました。
d0221584_2245559.jpgd0221584_22461643.jpg
d0221584_22464073.jpg「高級鯛焼き」と銘打つだけあって、一つ一つ手焼きで皮が薄く熱々のあんこがたっぷり。焼きたてをその場で頂きましたが、とっても美味しかったです(^_^)v。
(一つ140円)

d0221584_2247512.jpg甘酒横丁をあとにして水天宮へ向かうと、途中の通りにはこんな立派なからくり時計が。残念ながら半端な時間だったので、どんなカラクリなのかは解りませんでした。

d0221584_22474916.jpgd0221584_22473228.jpg
水天宮には、たくさんの人の手によってピカピカになった子宝いぬが。
犬の周りにあるのは干支の文字が刻まれた玉。自分の干支を撫でて、子宝や無事成長などを祈ります。

そして帰りには、水天宮傍の交差点にある「重盛永信堂」で、お土産の人形焼きを買って日本橋をあとにしました。

日本にいてもなかなか観光しなかった日本橋。灯台もと暗しで目からウロコの数々でした。
あとは、映画「麒麟の翼」を観れば完璧。今度の水曜日に観に行かなくっちゃ ♪


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-02-22 23:00 | 観光 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15472492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 銀座で美味しい鶏料理に遭遇。 日本とL.A.、どっちが乾燥してる? >>