2012年 02月 16日
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を観てきました。
d0221584_15535398.jpg昨日はもう一本映画を観てきました。それは「ALWAYS 三丁目の夕日'64」。しかも3Dで。

これまで観た3D映画は、派手なアクションシーンが3Dの効果によって、さらに迫力が増した映像を観ることができましたが、昭和の穏やかな日常を描いた「三丁目の夕日」に、およそそんな派手なアクションシーンがあるとは思えません。ですが、折角映画館に来ているンだし、3DのDVDが発売になったとしても3D環境の無い我が家では観られないから、と3Dにしてみました。

ところが、まずは料金が400円増しと言う事でちょっと後悔し、入口で重たい3Dグラスを渡されまた後悔。
MOVIXの3Dシステムは「XpanD」で、3Dグラスがとてもゴツイ事を忘れていました。(アメリカでは「RealD」で、サングラスとさほど変わらない軽めの3Dグラスで観ていました。)
まるでゴーグルのような3Dグラスにため息。

それでも、映画が3Dを意識した映像で始まり、タイトルバックに映る東京タワーの先端が画面から大きく飛び出して来たときには、「おおー!」となりました。

けど、やっぱり途中から3Dのことなんて忘れちゃうんですよね。特にドラマが佳境になればなるほど、物語にのめり込めばのめり込むほど、3Dなんてどこかへ行っちゃいました。
そう、内容はとても良かったんです。ほろほろと涙がこぼれるシーンもありましたし、最後は暖かい気持ちになる良い映画でした。

なので2Dでも充分、いえ、むしろ2Dのほうが煩わしい3Dグラスがない分もっと映画に集中できると思いました。

それにしても、堤真一の昭和のお父さんっぷりがいいわぁ。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-02-16 16:14 | 趣味 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15440990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キャラグッズの天国、日本。 「ゴーカイジャー vs ギャバ... >>