2012年 01月 31日
「STAR WARS IMAGINATION」に行って来ました
昨日、サンタ・アナにある「DISCOVERY SCIENCE CENTER」(ディスカバリー・科学センター)へ行って来ました。何故かというと、今ここで「STAR WARS WHERE SCIENCE MEETS IMAGINATION」と言う長〜いタイトルの特別展示が行われているからです。
※公式サイトはこちら(http://www.discoverycube.org/star-wars/)

ここは日本で言うなら、お台場にある「日本科学未来館」みたいな感じでしょうか。(もう少し小さいかな?)
ここで2011年11月18日から2012年4月15日までの期間限定で特別展示が行われると、テレビCMで知り早速ネットでチェック。昨年から行こうとは思ってはいたのですが、それがやっと昨日実現しました。

d0221584_10472052.jpg日曜日の昼だったので、駐車場は満車。隣のショッピングモールに駐車して、シンボルの黒いキューブを目指してテクテク。
d0221584_10474544.jpg正面入口のガラスには、ダースベイダーとグリーバス将軍が描かれ、お客さんをお出迎え。
外のチケット売場は既に列が出来ていて、STAR WARS が子供にも人気があることを実感。だって、STAR WARS って大人に人気があるものだと思っていたんですけど、小学低〜中学年位の子供やベビーカー連れの家族がたくさんいたんです。
こちらでは「THE CLONE WARS」のアニメの放映が毎週ありますから、当然と言ったら当然かしらん?。

ちなみに入場料は大人$14.95 + $10 (STAR WARS 特設展示の別料金分)=$24.95(約1,950円)。


d0221584_10481441.jpgそして、チケット売場の道路を挟んだ反対側には何やら特設ブースが。「MILLENNIUM FALCON」とあります。体験型アトラクションのようにも見えるのですが、残念ながらこの日のチケットは SOLD OUT。って、これもまた別料金!($5位だったかな?)。

d0221584_10484469.jpgとにかく、特設展示用のチケットは購入できたので、真っ先に向かいます。

d0221584_10492294.jpgd0221584_10515041.jpg
d0221584_10495391.jpgd0221584_10501289.jpg
d0221584_10505956.jpgd0221584_10511872.jpg
d0221584_10521767.jpgd0221584_10523683.jpg
d0221584_10532920.jpg中では撮影に使われた模型や役者の衣装などが、所狭しと展示されていて、ルークスカイウォーカーが砂漠で乗っていたランドスピーダーまであって、なつかし〜って感じでした。

d0221584_1054166.jpgそして科学センターらしく、このランドスピーダーに引っかけて、従来の展示と思われる「Maglev in the real world」(現実世界のリニアモーターカー)の解説&実験コーナーを隣接。日本のリニアモーターカーが紹介されていました。


2階に上がるとこんなコーナーもありました。リサイクルをテーマにしたマーケット。
d0221584_10544812.jpgd0221584_1055205.jpg
d0221584_10554364.jpg本物のスーパーマーケットさながらに商品が並び、モニターとハンディスキャナ(写真の黄色い円で囲んだもの)がついたカートでお買い物。モニターに表示される質問の答えに当たる商品のバーコードをスキャンしていきます。
全てに解答して、最後にキャッシャーに行くと採点されると言う物。
英語の理解力が低いので不正解も多く、大した点数は取れませんでしたが、まわりの子供たちは楽しそうでした。

d0221584_1056169.jpgさらに、今度はリサイクル収集車のレースゲームなるものまで。
d0221584_1056477.jpgd0221584_10571676.jpg
収集車に繋がっているベルトコンベアーには、色々な種類のゴミが流れて来ます。そこからリサイクル出来る物を選んで、モニタの下にあるスキャナにタッチ。どれだけたくさん集められるかを競います。

ウチのタウンハウスには、リサイクル用のゴミ箱が設置されていて専門の業者が回収に来ますが、アパートなどによってはまだまだゴミを分別せずに捨てている所もたくさんあります。日本ほど細かい分別はそれはそれで難しくて困るのですが、アメリカでもゴミの分別を定着させようとしているんですね。

さて、屋内だけでなく、ここには屋外にも施設がありました。
d0221584_10574788.jpg
それは恐竜コーナー。
大きな恐竜があられもない姿で遊具と化しています。
d0221584_1058214.jpgd0221584_10584716.jpg
胴体部分だけでなく、前足も骨と筋肉に。骨となった胴体部分に入ると、パイプが繋がった心臓があり、その下にあるハンドルを回すと鼓動が聞こえる仕組みになっていました。

d0221584_105911100.jpg他にも、化石の標本などもあちこちにあって、遊具なんだか、標本なんだか、って感じです。


d0221584_10595558.jpgそして後ろを振り返ると、この DISCOVERY SCIENCE CENTER のシンボルでもある黒いキューブが、大きくのしかかるように見えます。しかも、天面には「STAR WARS WHERE SCIENCE MEETS IMAGINATION」の巨大広告。

d0221584_1101721.jpgちなみに、この黒いキューブの中にはちゃんとロケットのブースターなどの展示コーナーがあって、スペースを有効活用してました。

そして、帰り際にだめ押し。帰り道、フリーウエイ5号線を北上するとこのキューブの広告がよ〜く見えました。なんだかダースベイダーが「また来るのだ」と言っているみたいでした。

★おまけ★
d0221584_1104548.jpgギフトショップで見つけた日本語入りTシャツ。まるで偽物のようで、ビックリ。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-01-31 11:32 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15355337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Medieval Times ... Albertsons のキャン... >>