2012年 01月 08日
グランドサークル・バスツアー(4)—ブライスキャニオン国立公園—
[2日目・2011年12月31日(土)]
[ブライスキャニオン国立公園]


午前中に観光した「ZION NATIONAL PARKザイオン国立公園)」(ブログはこちら)をあとにして、途中昼食を取り、89号線を進むこと約1時間半。(ザイオン国立公園からは2時間半程かかる距離でした。)

ようやく「BRYCE CANYON NATIONAL PARKブライスキャニオン国立公園)」のゲートに到着。
d0221584_15553922.jpg
なんと、ここは辺り一面雪だらけ。お日様は暖かくても、空気がひんやりしていました。
ちなみに最高気温は3℃!
((( >ω<)))ブルブル。
d0221584_15561238.jpg最初に向かったポイントは INSPIRATION POINT
さて、どんな景色が観られるのかと、雪で滑る坂道を上って行くと。。。
眼下に広がる、トゲのように尖った岩の数々。まるで雪の中から生えている岩の樹のようです。
d0221584_15574485.jpg
ここには柵も無い上に崖っぷちの縁を雪が覆い隠しているので、下をのぞき込もうとすると、今にも足を踏み外してしまいそうになります。

さらに上にある UPPER INSPIRATION POINT を目指します。
d0221584_1558329.jpg急な坂道を雪が多い、それが氷のようになってもの凄く滑ります。しかも、標高が高いせいか(年のせい?)息もすぐに切れて、坂を上るのはなかなか至難の業でした。
でも苦労して上った甲斐あり! ここからはさらに広大な景色が一望出来ました。

d0221584_1559720.jpg
右手の岩山には雪が多く残り雪の白色とのコントラストが美しく、
d0221584_15592894.jpg
左手の岩山は雪が少なく、岩のグラデーションが見て取れます。

INSPIRATION POINT からさらに北側へ移動すると SUNSET POINT があります。
d0221584_15595897.jpg
右側を観ると、先ほどまでいた INSPIRATION POINT (写真中央)が見えました。
ここからは、岩のとげとげしさが一層際立ちます。下に目を向けると暗い谷底が見えます。
ここ SUNSET POINT には、谷底を歩くトレイルコースがいくつかあり、この写真の場所「WALL STREET」も「Navajo Loop(ナバホループ)」というトレイルコースを使えば行くことができるのですが、残念ながら冬期は閉鎖中。

d0221584_1611195.jpgでも、途中までは行くことが出来ると言うので、行けるところまで行ってみよう、とこんな氷でツルツルのトレイルに足を踏み入れました。
d0221584_162453.jpg
ここ、本当にツルツルで、手すりに掴まりながらでないと、今にも転びそうでした。慎重に降りると、また少し違った景色が見えて来ました。
d0221584_1622748.jpg
手すりはすぐに無くなり、ただの山道となりましたので、さらに慎重に歩を進めるとこんな風景に出会います。

d0221584_162588.jpg
左へ右へと曲がりくねりながら降りていく坂道ですが、ご覧の通り雪がすっかり氷と化して路面を覆っています。

気を付けていたつもりでも、やっぱり足を取られて、すってんころりん。真っ白なダウンジャケットの袖には赤土がしっかり付いてしまいました(T T)。

d0221584_1634595.jpgd0221584_1642367.jpg
ある程度下まで来たので振り返ると、尖った岩山に囲まれていることが解ります。
そんな岩山のひとつを眺めていると、なんだか観音様のように見えてくる岩山が(写真右)。思わず手を合わせたくなってしまうのは、日本人の性でしょうか。

こんな調子ですから、とても時間内に先頭に追いつくこともなく、帰り道の方が時間がかかるとも言われていましたので、ここから引き返す事にしました。
d0221584_1653388.jpgそれにしても、トレイルがここまで凍結しているとは思っていませんでしたので、少々オーバーかなと思って履いてきたブーツがとても役に立ちました。
欲を言えば、装着式のスパイクを持って来たら、もっとたくさん進めたと思います。(一応旅行前に SPORTS AUTHORITY などで探してみたんですけど、見つけられませんでした。)

夕陽が沈む前に、ブライスキャニオン国立公園のゲートの前にある BRYCE CANYON CITY のレストラン「Ruby's Inn Restaurant」(http://www.rubysinn.com/)へ移動。ここで、夕食と買い物をしました。

ホテルとレストランとギフトショップとガソリンスタンドもあるこのお店。他に店も少ないので、何でも揃っているここは一番便利かも知れません。
まずはレストランで夕食です。
普通のメニューの他にBuffet(ブュッフェ/こちらではバッフェと言います)を選ぶ事もできるので、私たちは Buffet にしました。
d0221584_1662782.jpgと言う事で、サラダにお肉、スープ、それから旦那さんの別料金のビール。さらには、自分で絞り出すタイプのソフトクリームも。ふたり分で締めて$45.87(チップ込み。約3,580円)でした。
d0221584_167451.jpg

食後はもちろん、お買い物。
ブライスキャニオンに関するものはもちろん、ネイティヴ・アメリカンに関するグッズもたくさんあって目移りしちゃいました。

★ここでのお買い物★
d0221584_1673491.jpgブライスキャニオンの岩山を思わせるような砂岩風の置物やコースター、絵はがき、ショットグラス、ヘアクリップなどを Ruby's Inn で購入し、パズルやピンズ、絵はがきなどはブライスキャニオン国立公園のビジターセンターで購入しました。

ちなみに買い物ではありませんが、ブライスキャニオン国立公園でもパンフレットをもらいました。ここでは出来たばかりと言う日本語版もあって、大助かり。
ビジターセンターでは国立公園パスポートにスタンプも押しました。

買い物も済んだところで、この日の宿泊先、アンテロープ・キャニオンのある街PAGEペイジ)のホテル、「Holiday Inn Express」へ直行です。バスに揺られること。。。2時間以上かかったかな?

d0221584_1683697.jpgそして、この日はなんと大晦日。ホテルにチェックインすると、夕飯をしっかりたっぷり食べたのに、年越し蕎麦の準備です。
ちゃ〜んと、カップ麺を持参したんです(^_^)v。

いよいよ年越し、と言う頃(ユタ州なので日本からは16時間ほど遅れていますがf(^_^;)コーヒーメーカーでお湯を沸かして、3分待って、頂きま〜す。

一口食べて旦那さんが言いました。
「西村君、芯が残るんだよ」
(是非「南極料理人」を観てください。このセリフの面白さが解ります。)

標高が高いからなのか、お湯の温度が低かったのか、待つ時間が足りなかったのか。麺の芯が残ってしまっていたようです。それでも美味しく頂き、地味〜ですが無事に年越しをしました。

明日は私が最も行きたかった場所「アンテロープ・キャニオン」です! ああ、気持ちがはやります ♪

※ 地図はこちら
BRYCE CANYON NATIONAL PARK http://www.nps.gov/brca/index.htm



次回「(5)アンテロープ・キャニオン」に続く。


===== グランドサークル・バスツアー その他のブログはこちら ======
(1)キャリコ
(2)ベイカーからスプリングデールへ
(3)ザイオン国立公園
(4)ブライスキャニオン国立公園
(5)アンテロープ・キャニオン
(6)ホースシューベント
(7)モニュメント・バレー
(8)グランドキャニオン国立公園
(9)ルート66・セリグマン
===========================================



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2012-01-08 16:46 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15238062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< グランドサークル・バスツアー(... グランドサークル・バスツアー(... >>