2011年 12月 21日
すぐそこにあるイルミネーション。
数日前のブログで、こちらの住宅街のイルミネーションの事を少しご紹介しましたが、写真が無かったので今回は写真付きでご紹介します。

大通りからは見えるのはほんの一部ということが多い、こちらの住宅街のイルミネーション。
それ故に、一本路地を入っただけで、道の両脇に綺麗なイルミネーションの家が建ち並ぶ、なんてことがしばしばあります。

d0221584_7573391.jpg
こちらの家は多くが平屋ですが、大抵庭がありますから、庭にもクリスマスツリーやサンタクロース、トナカイ、キリストが生まれた馬小屋などをデコレーションしていることが良くあります。
d0221584_758357.jpg
それらはこういったイルミネーションであったり、バルーンであったり、人形であったりと様々。
中でも馬小屋でキリストを抱く聖母マリアのオブジェをみると、日本ではタダのお祭りになってしまったクリスマスの本当の意味を再確認させられ、静かにキリストの誕生を祝う気持ちも理解出来ると言う物です。

それにしても、こんな風に庭にまで色々なオブジェを飾っていても、一本通りを過ぎただけでもう見えなくなってしまうのが、とっても残念なんですよね。

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
  ↓ ぽちっと1クリックして頂けると、励みになります。
   よろしくお願いします。m(_ _)m。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-12-21 08:00 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/15142968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ミッション:インポッシブル ... クリスマス前最後の週末は、ショ... >>