2011年 08月 31日
カタリナ島日帰りツアー その2
Armstrong's Seafood Restaurant」で昼食を済ませた後は、カタリナ島の中心街Avalon(アバロン)の散策に出かけました。

散策と言っても小さな街ですから高が知れているのですが、まずは海岸沿いを走るメインストリート「CRESCENT AVE」へ。

(写真は全て、クリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)
d0221584_835572.jpg
「CRESCENT AVE」は、お昼を食べたArmstrong's Seafood Restaurantから南へと向かう通りです。

d0221584_844739.jpg
至る所にベンチがあり、色とりどりのタイルが埋め込まれて、街をよりカラフルに彩っています。

d0221584_851982.jpgd0221584_854513.jpg
レストランの目と鼻の先にはこんな噴水が。
こちらにもタイルが貼られていますが、少しデザイン的にも年代的にも古い物のようです。
d0221584_861334.jpg
ビーチの塀にもタイルが。こちらはサイズもまちまち。その塀の上で海鳥が何か獲物を狙っています。

d0221584_87597.jpgArmstrong'sの目の前から西へ伸びる通り「METROPOLE AVE」には、郵便局のあるアーケードへの入口があり、折角なので、お土産屋さんで購入したポストカードを投函することにしました。
郵便局は日曜日だったのでお休みでしたが、壁にはポストがあるので大丈夫。
「POST」ではなく「DROPS」というところがオシャレな気がします。
ちなみに、切手はエアメール用の98セント切手を持参しておきました(^_^)b。


d0221584_87422.jpg今度はArmstrong'sから北に伸びる「CASINO WAY」を歩いてみました。中央分離帯には、こんな洒落たベンチが。
d0221584_88747.jpg背もたれにはやはり綺麗なタイルが埋め込まれています。

d0221584_885626.jpgその先のホテルのレストランの入口には、こんなタイル張りの噴水。正面のカジキのタイルが目を引きます。

さほど行かない内にお店も無くなってしまったので、通りの反対側を通って引き返します。

d0221584_893478.jpg
そこで見つけたのが、こちらのバッファロー。「その1」でも書きましたが、昔映画の撮影の為に持ち込まれ、撮影終了後そのまま残され野生化したバッファローが、ひとつの名物になっているので、こういったスタチューが点在しています。
中には派手な色にペイントされている物もありました。
でも、私の興味はもっと別の所に引かれています。写真右上のあのアイスクリーム型の看板!
ワッフルコーンのい〜い香りが漂ってきます!
d0221584_81044.jpg
アイスクリームの店もあちこちにありますが、焼きたてワッフルコーンを使っているのは、どうやらこの「BIG OLAF'S」だけのようです。店には長い列が出来ていました。
引き寄せられるように列に並んで、アイスクリームが2スクープ乗ったBIGを購入($4.50/約346円位だったと思います。)。
別段カタリナ島だけの名物というわけではなく、カリフォルニアのあちこちで買えると思いますが、このカタリナの暑い陽射しが欲求を駆り立てるような気がします。
ちなみに上はBlackBerry、下はチョコチップです。あー美味しかった♪


d0221584_8312925.jpg次は、街の目抜き通りからまっすぐ海へと繋がる桟橋、Green Pleasure Pierで、「GLASS BOTTOM BOAT(グラスボトムボート)」に乗船します。ちなみにこの桟橋のたもとにはビジターインフォメーションがあり、街の地図ももらえるので最初に寄るのがベストかと。


d0221584_8105564.jpg
今回のツアーに組み込まれていた「GLASS BOTTOM BOAT(グラスボトムボート)」はこちら↑。
d0221584_8112438.jpg
船内はこんな感じ。四角い緑色の部分がガラスになっています。

d0221584_8122711.jpgd0221584_8114928.jpg
ゆらゆら揺られながら10分くらいかな? すると突然ガラス越しに魚影が!! あまりに突然しかも大量に現れたので、ビックリ。こうなると生け簀と変わらない感じです。
時々、巨大な海藻や、小さなクラゲ、オレンジ色の魚が見えたりもしましたが、大半がこの黒っぽい魚影ばかり。船の揺れも相まって、うっかり記憶が途切れることもしばしばf(^_^;。そんなわけで45分ほどの船旅はあっちゅーまでした。

d0221584_8125898.jpg
カタリナ・アドベンチャー・ツアーで「Semi-Submersible "The Nautilus"」という、潜水艦タイプで海中を観察するものもあったんですが、もしかしたらこっちのほうがよかったかも? だって、2005年にハワイで参加した、アトランティス潜水艦ツアーはとっても良かったから。熱帯魚はもちろんウミガメも見られたし、何より海が綺麗でした〜。

さて、グラスボトムボートを降りると、最後の自由時間。と言っても、やはりマリンスポーツのする気のないこの夫婦は、時間をもてあまし気味。
再度街の中を散策し、お土産品を買ったりしながらぶらぶら。
そのお土産屋さんも店の外壁にはタイルが。色々なタイルがいろいろなパターンで使われていて、面白かったです。

(↓興味を引く柄があったら写真をクリック。別ウインドウが開きます。)
d0221584_8134868.jpgd0221584_8144036.jpgd0221584_8162918.jpg

d0221584_815483.jpgd0221584_8152679.jpg

d0221584_8154769.jpgd0221584_816826.jpgd0221584_814165.jpg

だけど、このタイル、あまり売っている店はなかったような。。。。たまたま見つけて購入したのがこちら。
d0221584_8165592.jpg
値札は$32(約2,465円)でしたが、なぜかレシートを確認すると$25+tax(約2,079円)に。ラッキー。
って、普通、こんな重たくて壊れやすい物はお土産には向きませんよね。私は鍋敷きにしようと思いました。
ちなみにこのタイルの柄、今回のブログでご紹介した写真の中にもあります。お暇でしたら探してみてください(^o^)v。

そして、帰宅後は鏡を見てびっくり。予想以上に真っ赤に日焼けしてました(/ω\) あちゃ〜。

それから、これからカタリナ島へ行ってみようと思われた方へのアドバイス。
日焼け止めや帽子を忘れずに、というのはもちろんのこと。行きのCATALINA EXPRESS では屋外の席が景色を楽しめますが、帰り(夕方〜夜の場合)は是非とも屋内の席をお勧めします。日が傾くと半端なく、“寒い”です。上着もお忘れ無く。


CATALINA EXPRESS http://WWW.catalinaexpress.com/

〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-31 09:06 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/14459993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジューCメロン at 2014-03-15 23:54 x
はじめまして
カトリナ島に行こうかという話になり、ネット検索でこちらに
たどり着きました〜(*^0^*)

有力な情報が”日本語”(←ここ重要w)で得られてありがたいです。
たくさんの画像のおかげでわかりやすくてさらにありがたい(;;
タイルもかわいいなぁ〜って。
ちょうどこういうタイルがほしくて探していたところでしたーっ!

ほかの記事も参考になることが多くてありがたい、ありがたい(><;
ついつい、他の記事も派生して読んじゃってますw
楽しいとこ見つけられてラッキーであります!
これから更新、楽しみにしております(*^m^*) ではでは〜
Commented by suneya-m at 2014-03-16 10:31
ジューCメロンさん、初めまして。お立ち寄り、ありがとうございます。
カタリナ島の情報、ちょっと古くなってしまいましたが、お役に立てれば幸いです。
とっても暑くて陽射しがきつかったので、是非とも日焼け対策をお忘れなく(^_^)v。楽しんで来てくださいね。

このブログは、自分の身の回りの好きな分野の情報ばかりで偏っていますが、良かったらまた来てくださいね。
<< やっぱり食べちゃうアイスクリーム カタリナ島日帰りツアー その1 >>