2011年 08月 07日
「サンダーキャッツ」2011年版はちょっと地味。
CARTOON NETWORKで先週から始まった「THUNDERCATS」のリメイク版アニメ。
放映前から楽しみにしていたので、初回放映の先週も今週もきっちりオンエアで観ました。

初回は1時間のスペシャル枠だったので2話分が放映されたんだけど、特にオープニングとかもなくて、さらっと本編に突入。
その冒頭にちょこっとスタッフクレジットが載っていたけど、そこで気付いたのが、そのクレジットに日本人の名前が多いこと。旧作同様、日本で制作されているみたい。なので、なんとなく見慣れた画風と演出で、いわゆるアメコミっぽい感じは一切無く、日本人からしたらとても観やすいアニメに仕上がっている感じ。
私のちょっと古い感覚で言うと、OVAを観ている感じ、かな。すみません、何せ最近のアニメにはついて行けてない物で。。。f(^_^;。

だけど、いかんせん全体的に地味〜な雰囲気が出ちゃっているんですよね〜。
一番の見せ場である、あの
Thunder, Thunder, Thunder, ThunderCats, HOOOOOOOOOOO!!
のかけ声と共に剣を振りかざすシーンも、主人公ではなく、彼の父である貫禄ある王様が先にやっちゃうので、主人公はまだまだ影が薄い感じ。
まあ、序章みたいな話だったから、しかたないのかな。この初回の1時間で、やっと彼の旅立ちがスタートしたわけだし。

d0221584_40235.jpg
そして、昨日の放映第2回、ストーリー的には第3話になるらしんだけど、これもまた地味〜な展開だった。。。
作画は丁寧な感じが続いているので、絵的にはどうこう言うことは無いんだけど、やっぱり、見せ場の盛り上がりに欠けてる感じ。やっと主人公のLion-Oがあの剣を使う場面が登場しても、例の
Thunder, Thunder, Thunder, ThunderCats, HOOOOOOOOOOO!!
は、まだお預け。
さらっと剣を使っちゃうから、なんともモッタイナイ感じだったわ〜。

観ている側としては、大した場面で無くても、威勢良くあの決めぜりふを言い放ってくれると、それだけで結構盛り上がるんだけどな〜。
実直にストーリーを進めようとする制作側の生真面目さが際立っている、って感じがどうしても否めない。
早く吹っ切って、
「お! 今回も出ました!“ThunderCats, HOOOOOOOOOOO!”」ってな感じになって欲しいわん。

d0221584_402720.jpg
↑今回もお預けだった、決めぜりふ。この姿はまだまだ先かも。
(CARTOON NETWORKのサイトhttp://www.cartoonnetwork.com/より)


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-08-07 04:13 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/14292720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジューCメロン at 2014-04-28 06:36 x
うわっほお!!
こんなとことで、サンダーキャッツの話が出ていたとは!!(;;
う、、うれしいです(;;
全話みたわけでもないのでしゅけど、Lion-OとTygraのフィギュアは持ってます!!(笑)

2011年のものは絵はきれいになってるんですよね~w
これ、日本語吹き替えがでればいいのになぁっておもっちゃいますよ~(;;
いっそのこと、日本でリメイクしてくれたらなおいいのになぁ(^^;
アメリカのアニメは子供アニメな雰囲気いっぱいで欝要素がなくて、物足りないんすよね~(;;
Commented by suneya-m at 2014-04-29 07:05
あれ? サンダー・キャッツも守備範囲ですか? 嬉しいですね(^_^)v。
この新しい方のサンダー・キャッツ、絵は本当に綺麗で良かったンですけど、ストーリーが今イチでしたよね〜。すごく、残念でした。
でも確かアニメ製作は日本でやっていたと思いますよ。日米合作ってやつかな? 思いっきり日本のアニメテイストで作った方が良かったのかも知れませんね。
<< 「Rise of the Pl... ブログパーツで植樹 >>