2011年 07月 02日
「TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON」 3Dで観ました。
d0221584_058034.jpg映画の公開日を週末の金曜日だと思い込んでいましたが、異例の水曜日(29日)の公開だった「TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON」。
兼ねてから、IMAX 3D(画面が大きくてスゴイらしいシアターでの3D上映)で観たいと言っていた旦那さんですが、残念ながら近所のAmcシアターのIMAX 3Dでは「Cars 2」が上映されているため、普通の3D(real 3D)で観ることになりました。

それでも、どうしても“初日に観る”と言う事は譲れないらしく、公開初日の29日、仕事が早く終わるのを良い事に、夕食も摂らずに急いでシアターへ向かいました。
お陰で18:45スタートの回に間に合い、コンセッションで夕食代わりのホットドッグやナチョスを買い込み、ほぼ中央の席を陣取り準備万端。

さすがに人気作品の公開初日。すぐに席は埋まってしまいましたから、きっとチケットは完売していたに違いありません。これだったら、IMAX 3Dでの上映をして欲しいと思いましたが、何せこの映画、上映時間が長い! 2時間34分もあるんです。これじゃあ、回転率も悪くなって劇場としてはあまり歓迎出来ないのかも知れませんね。
実際、IMAX 3Dの「Cars 2」は、子供連れを中心に席取りの行列が出来ているほど好評のようでしたし、こっちのほうがたくさんのお客さんを案内できそうです。(こちらでは既に夏休みに入っている上に、日本のような深夜の未成年者の入場制限がありませんから、遅い時間の上映回でも子供連れがたくさんいます。)

肝心の映画のほうはと言うと、これまたCGの細かい描写がスゴイくて、自動車からロボットへ、またはその逆のトランスフォームが、そりゃあもう、目まぐるしいくらい頻繁にある上に、戦闘シーンでは細かい土埃や爆発の炎などが飛んでくるなど、画面いっぱいの情報量が多すぎて、一度観ただけではとても捕らえきれませんでした。
上映時間も長いことが解っていたのでその覚悟で観たせいか、観終わった時には、本当に2時間34分もあったのかな? と言う印象を受けました。
上映の最後では、会場内から拍手が沸き起こりましたから、本場アメリカ人も納得の出来映えだったと言う事でしょう。
もちろん、私もとても堪能出来ました。
とは言うものの、やはり英語のみで観たので細かいところまでは理解出来ず、観終わってから旦那さんとお互いに理解出来たこと、推測できたこと等を摺り合わせて、なんとなく全体を理解したって感じです。

なので、DVD化された暁には日本語吹き替え版で(オプティマス役の玄田哲章さんの声も楽しみ ♪)、じっくり映像を見返しつつ内容をしっかり理解したいな、と思っています。


〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-07-02 01:12 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/13949427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Anime Expo 2011... 炊飯ジャーでパン作り >>