2011年 05月 28日
タンドリーチキンを焼きました。
前回パン作りに挑戦して、不格好なパンとなり惨敗したオーブン料理。
昨日は、オーブンの下段を使う肉料理に挑戦しました。
と、言ってもとっても簡単な「タンドリーチキン」。そんな大げさな事ではないですねf(^_^;。

前日からタレに漬け込んで置くことから始まります。
d0221584_4354092.jpg
使ったのはスーパーで良く売られている、とっても大きな冷凍の「Chicken Drumsticks」。手羽元のことですね。
一袋に4ポンド(1.81kg)も入って、$4.48(約367円)と安かったです。
d0221584_4361645.jpg
大きいのは袋だけでなく、中身も大きくて直径23.5cmの大きめのお皿に、たった4本しか乗らないほどの大きさです。

d0221584_4365185.jpg
室温で解凍して、余分な水分を拭き取り、ヨーグルト、トマトケチャップ、カレー粉、ガラムマサラ、すり下ろしニンニク、醤油を少々入れたタレ(←ウスターソースも入れるとレシピにはあったのですが、無かったので入れなかったと言ういい加減なタレです)に揉み込み、丸1日漬け込みました(2〜3時間でもいいようです)。

d0221584_4372391.jpg
翌日、クッキングシートを敷いた天板に肉を並べ、195度にセットしたオーブンでまずは15分。
d0221584_4375893.jpg
すると、こんな具合に良い焼き目が付きました。
d0221584_4382414.jpg
ひっくり返して、5分。合計20分ほど焼いたら、良い感じに焼き上がりました。
喜んで食卓へ並べると。。。。実はまだ中の火の通りが甘く、もう一度オーブンへ。日本の手羽元よりも断然太いので、火も通りにくいのかも知れません。
追加で7分程焼きましたので、実際にはもうちょっと焦げ目が多くなりましたf(^_^;。でも、おいしくできましたよ。

フライパンで焼くよりも油のハネの心配もないし、焦げ方が少ないので楽でしたが、やはり焦ってはいけませんね。
オーブン料理(特に鶏肉)はじっくり焼くのが良いと、勉強になりました。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
  ↓ ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
by suneya-m | 2011-05-28 04:43 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/13664826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< メモリアル・デーの青いケーキ チラシに見るメモリアル・デー(... >>