2011年 04月 26日
「HOP」と「RANGO」
昨日はEASTER(イースター)でしたが、結局我が家では特に何をすると言う事もなく、いつもと変わらぬ休日となりました。
とは言え、イースターなので、大手チェーンのスーパーマーケットがお休みとか、午後4時で早じまいする店舗があったりしてビックリ。ちょっと困りました(苦笑)。

イースター前日の土曜日はいつもと変わらぬ土曜日で、イースターにちなんだ映画「HOP」を観てきました。
d0221584_6131780.jpg初めはただのうさぎとひよこのCGアニメだと思っていましたが、このうさぎが「イースターバニー」ということで、話の内容はどっぷりイースター色に浸かった映画でした。
そのせいだったのでしょう、客席の回りは子供連ればかり。それも結構な低年齢層。イースター直前の駆け込み需要と言った感じでした。
そんな中に中年夫婦がぽつん。隣の若いカップルと共にちょっと違和感を感じながらの、鑑賞でした。

最近のCG技術はめざましく、うさぎもひよこも毛並みがものすごーくリアルで、ふわっふわ。実写の人間との合成も違和感がなく、今の子供たちにはCGの動物たちが実在すると勘違いしそうです。
そして、イースター色ドップリのストーリーですが、30前後の無職の兄ちゃんが「イースターバニーになりたい!」とほざくので、全く持って乗れませんでした。
イースターバニーってそんなにすごい物なのか? とイースターについて無知な夫婦は首をかしげる映画でした。
映像はものすごく綺麗で良かったんですけどねぇ〜(v_v)。
(ちなみに全編英語、もちろん日本語字幕なんてありませんから、実のところ細かい内容までは分かってないのです、失礼f(^_^;。)

CGアニメと言えば、先週は「RANGO」を観てきました。
d0221584_6134566.jpgこちらも映像クオリティがものすごくて、水の質感、硝子越しの歪んだ映像、それから鳥の羽などちょーリアルで、は虫類の皮膚なんて特に、どうかアップにしないで!って言うくらいリアルでした。
しかも、このアニメは主人公のカメレオンの声を、ジョニー・デップがやっていると言うのも大きなポイントです。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキャプテン・ジャック・スパローの大ファンの私としては、とても嬉しかったのですが、いかんせん日本では吹き替え版で観ている回数が多くて、私の中で彼の声は平田広明さん(「ワンピース」のサンジ役でもお馴染み)。
なので、久々にジョニー・デップの声を聞いたのは、最新作の「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉(ON STRANGER TIDES)」の劇場予告映像で、でした。
d0221584_6174588.jpg(→映画館ではこんなオブジェが登場し、公開が待ち遠しくて仕方ありません。)
これを数回観て(聞いて)、ジョニー・デップ本来の声を思い出し馴染んで来た所だったので、ジョニー・デップのイメージで主人公のカメレオンを観ること出来ました。

「RANGO」の内容は、言ってしまえばよくある自分探しがテーマなんですが、そんなことは気にならない程、映像に引き込まれる感じで楽しく観ること出来ました。
とはいえ、主人公はカメレオン。例えキャラクターグッズが売られていたとしても(香港同様、そんなキャラクターグッズはおろか、パンフレットすら無いンですけどf(^_^;)、買う気にはなれないのが悲しいところです。



〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜*****〜〜〜〜〜
お立ち寄りありがとうございます。
少しでも気晴らしになったら、幸いです。
よろしかったら ↓ぽちっと1クリック、よろしくお願いします。
      にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ♪
→→→「香港滞在記
by suneya-m | 2011-04-26 06:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/13457141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 郵便局で切手を購入 妻名義のデビットカード >>