2011年 03月 14日
計画停電の影響で、右往左往。
地震や津波のみならず、今度は電力不足による「計画停電」なるものが、関東地方を襲っています。
関東地方の地域を5つのグループに分けて、約3時間ずつ停電するというもので、「3時間くらいならたいしたことない」と思っていましたが、これがトンデモないことを引き起こしてくれました。
この停電は信号も止まるという、病院も交通機関もお構いなしに停電させるものだったのです。

そもそもこの「計画停電」の決行が決まったのは、昨夜13日日曜の深夜。そんな遅くに発表されたって、みんなもう寝てますよ!
しかも電力の需要量が少ないと判断されたらしく早朝の「計画停電」は見送られましたが、既にJRなどの各交通機関は、計画停電を見越して運休や運行数の削減を決定していました。
なので、案の定14日月曜は朝から、またまた駅は大混乱となりました。
こんな時に何ですが、日本人は本当に真面目ですね。こんな非常時なら会社や学校を休んだって良いと思うのですが、皆さん何とかして職場へ行こうとするんですから。

そして運の悪いことに、ウチの旦那さんは今日アメリカへ戻る為に夕方の飛行機に間に合うように成田空港へ行かなくてはならず、もう我が家も朝から右往左往。
テレビやインターネットで情報収集するものの、JRは一部運休しているし、スカイライナーも成田エキスプレスも運休。タクシー会社に電話しても、道路が混んでいるから相当時間がかかると言われ、何よりタクシーが出払っていて手配出来ないとの事でした。

とにかく都内へ出るため、最寄りの駅まで歩きました。駅前でタクシーを捕まえようと思いましたが、当然タクシーも出払っていて一向に来そうにありませんし、何より駅へ行く道すがら大きな国道が渋滞している状況も目の当たりにしましたので、不安が一層募ります。
しかしながら為す術もなくタクシーの列に並んでいると、埼京線が運行を再開。駅前に出来ていた長蛇の列が改札の中に流れ始めました。慌てて旦那さんも改札へ向かい、何とかホームへと上がって行きました。

それを見送り、一抹の不安はまだありますが私は自宅に戻りました。すると、しばらくして震度4の地震。
埼京線は再び止まったようです。もう、心配が尽きません。
が、幸い旦那さんは新宿駅までたどり着いていたので難を逃れましたが、新宿まで普段なら20分程度の距離が、時計を見ると1時間半近くかかっていました。
きっと到着する電車も混雑でなかなか乗れなかったのでしょう。
浦和駅では京浜東北線が止まっており困った人たちが埼京線へ流れていると、テレビでやっていましたから。

新宿にたどり着いた旦那さんは、今度は成田空港行きのバスのチケットを買うための長蛇の列に並んでいるとの事でした。
自分と同じように大きなスーツケースを持った人がたくさんいるとも、言っていました。
その後1時間ほどして、ようやくエアポートリムジンバスに乗れたと電話がありましたが、チケット売場は既に閉鎖されたとも言っていました。常にギリギリで動いているような気がします。

そして、1時間半後、無事に成田空港に着いたと電話がありました。
こんな大変なときでもこのエアポートリムジンバスのスタッフは、手際も良く、お辞儀をしてのお見送りもあって、すさみがちな彼の気持ちをかなり癒してくれたようです。

そして、成田空港は節電モードになっているとのことです。そのせいかどうかは分かりませんが、チェックインも間際のフライト分までしか受け付けていないという事でしたが、とにかくこれで一安心です。

予定を変えられない人はたくさんいるんですから、東京電力ももう少し余裕を持って対処して欲しいですよね。
ちなみに自宅にいる私はなるべくテレビも消して、節電に努めようと思います。

=====~~~~~~=====~~~~~~=====~~~~~~=====~~~~~~=====
お立ち寄り、ありがとうございます。
香港での生活を綴ったブログもよろしかったら、どうぞ!→→→「香港滞在記
by suneya-m | 2011-03-14 13:01 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://suneya02.exblog.jp/tb/13127960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 計画停電の夜 地震から三日目。 >>